無料PDFダウンロードはこちら

セミナーで学べる内容はこちら

とても簡単|マンション減価償却の具体的な計算方法と理論

 2014/10/7

不動産税金

減価償却(げんかしょうきゃく)というと、用語が聞き慣れないだけで、中身はいたって簡単です。ようは、購入した不動産の金額をその不動産を利用できる年数にわけてあげるということです。たとえば、2,000万円で購入したマンションが40年使えるのであれば、毎年50万円ずつ費用として計上するというものです。

ここでは、マンションを例にとって、まったく知識のない状態から減価償却の意味やその効果、そして実際の計算ができるよう、わかりやすくまとめてあります。減価償却はこの記事で押さえておけばもう大丈夫!

1.  減価償却とは

減価償却費を計算するためには、まずは減価償却の計算方法について、その基本的な考え方を知る必要があります。もちろん、難しい話はありません。ここでは減価償却の計算方法についてのエッセンスをまとめました。

1-1 減価償却の基本的な考え方

減価償却とは、購入した不動産を購入した年に一括して費用として計上するのではなく、将来にわたって利用可能な年月にわけて、毎年費用として計上しようというものです。

減価償却_イメージ図

1-2 減価償却の計算対象

マンションを購入したからといって、購入金額のすべてを減価償却して、費用計上できるわけではありません。
マンションのうち、土地部分は減価償却の対象になりません。マンションというと、土地はまったくついてこないと言うイメージがありますが、実際にはそうではありません。マンションは建物部分と土地部分の2つに別れるのです。

減価償却の対象となるのは、マンションのうち建物部分だけです。

土地建物区分03

さらに建物部分は建物躯体(本体)と建物設備の2つに分かれます。

躯体設備区分

 

※中古物件の場合、建物本体と建物設備の区分が難しいことがあります。そのときは設備を建物本体に組み込んで計算します。

仮に2,000万円のマンションを購入したとしても、2,000万円全額が減価償却費として費用計上できるのではなく、土地を除いた建物部分のみが費用計上の対象です。

2. マンションの減価償却方法 4ステップ

マンションの減価償却費を計算するには4つのステップがあります
STEP1 マンションを土地と建物に分ける
STEP2 減価償却の計算方法を選択する
STEP3 マンションの利用可能年数を調べる
STEP4 減価償却費を計算する
それでは、それぞれ見て行きましょう。

2-1 マンションを土地と建物躯体(本体)、建物設備に分ける

減価償却の第1ステップは、マンションを減価償却できる建物部分(本体と設備)と土地に分けることから始めます。

2-1-1 マンションを土地と建物に分ける

マンションを建物と土地に分けるにはいくつかの方法がありますが、一番簡単なものは、不動産会社が発行している売買契約書、譲渡対価証明書などを確認することです。不動産会社が発行する書類から土地と建物の分け方が分からない場合には、不動産会社に連絡して分け方を教えてもらいましょう。

2-1-2 建物を建物本体と建物設備に分ける

マンションを建物と土地にわけたら、次は建物を建物本体と建物設備にわけます。

建物本体と建物設備のそれぞれの金額は、不動産会社が発行する譲渡対価証明書などの書面を確認します。建物本体と設備の分け方も、土地と建物の分け方と同じように、不動産会社が発行する書面に記載がない場合には、直接不動産会社に連絡して確認してみましょう。

※中古物件の場合、建物本体と建物設備の区分が難しいことがあります。そのときは設備を建物本体に組み込んで計算します。

2-2 不動産の減価償却費の計算方法

減価償却費の計算方法には、定額法と定率法の2つのやり方があります。
なお、どちらの計算方法を選んでも減価償却費の累計金額は変わりません。

平成28年度4月1日以後に取得した不動産の建物設備の償却方法は、定額法に一本化されます。

2-2-1 定額法

定額法とは、減価償却の対象となる金額を利用可能年(耐用年数)にわたって、毎年同じ額を配分していく方法です。1年目から最後の年まで減価償却額は変わりません。
建物本体と建物設備ともに、この定額法を用いて減価償却費を計算できます。

定額法イメージ02

2-2-2 定率法

毎年一定の割合で減価償却費を計算する方法で、利用可能期間(耐用年数)の初期に多額の減価償却費を計上でき、その後は築年数の経過とともに、減価償却額は減少していきます。

定率法イメージ02

なお定率法は、建物設備には用いることができますが、建物本体には用いることができません。

平成28年度4月1日以後に取得した不動産の建物設備の償却方法は、定額法に一本化されます。

減価償却方法_建物躯体_設備

届出書のダウンロードはこちらから

届出書の書き方サンプルはこちら

定率法書き方

2-3 耐用年数

減価償却の対象となる金額と減価償却の計算方法を選んだら、今度は利用可能年数(耐用年数)を算出します。鉄筋コンクリート造の新築物件の場合、建物が47年、建物設備が15年です。
なお、中古物件の場合は以下の算式で利用可能年数を求めます。

中古物件の残存耐用年数計算式

(計算例) 築後12年2か月が経過した物件
47年-(13年×0.8)=36.6年 ⇒ 36年
※経過年数は13年(端数月2か月を切り上げ)
※最終計算結果は切り捨て

中古物件の残存耐用年数計算式_耐用年数経過

2-4 減価償却費を計算する

マンションを建物(本体と設備)と土地に分け、減価償却の計算方法を選び、耐用年数がわかればいよいよ減価償却費の計算です。

減価償却費は以下の計算式で求めます。

取得価格 × 償却率(耐用年数に応じて定められている)

なお、償却率は法定耐用年数に応じて定額法、定率法それぞれの減価償却の計算方法によって細かく定められています。耐用年数に応じた償却率は国税庁のHPから閲覧できます。

償却率の一覧表はこちらから

3. 減価償却費の計算例

では、実際に事例をもとに減価償却費を計算してみます。

事例:
マンション購入価格:3,000万円
経過年数:10年2カ月

STEP1 マンションを土地と建物に分ける
通常は契約書等の書類を用いて「土地と建物」、そして「建物躯体(本体)と建物設備」にわけますが、ここでは便宜的に土地と建物の分類は50%ずつ、建物本体と建物設備は建物全体の80%と20%に分けます。

計算事例分類02

 

STEP2 減価償却の計算方法を選択する
定額法:建物躯体(本体) 1,200万円
定率法:建物設備      300万円

STEP3 マンションの利用可能年数を調べる
経過年数:10年2カ月

建物躯体(本体) 47年 ×(11年(端数切り上げ)×0.8)=38年(端数切捨て)
建物設備     15年 ×(11年(端数切り上げ)×0.8)=6年(端数切捨て)

STEP4 減価償却費を計算する

建物躯体(本体)…定額法
1,200,000 × 0.027 = 324,000円
建物設備…定額法
3,000,000 × 0.167 =501,000円

まとめ

減価償却というと言葉が聞きなれない分、身構えてしまいますが、記事でご紹介したようにそれほど難しい話ではありません。初年度は土地と建物の分類や耐用年数の計算がありますが、2年目以降はかんたんに計算することができるはずです。
ぜひこの記事を参考にして計算にチャレンジしてみてください。

資産が資産を生むマンション投資術(無料ダウンロード)

「老後の不安を解消したい」「万一のときに大切な家族を守りたい」
そういった想いから不動産投資について調べていませんか?

しかし実際、不動産投資はとても高額な投資です。間違った知識で行えば、あなたの資産はすぐに無くなり、手元にはローンだけが残ることにもなりなかねません。そこで、私が普段お客様と直接やりとりする中で、必ず押さえて欲しいと痛感している内容を1冊にまとめました。


  • 「債務」であるローンを正しい割合で借り入れて、最短で返済する方法
  • 金利の急上昇にも適応できる、所有物件の増やし方
  • 入居者の滞納や空室リスクに備えて、”余裕資金”を確保する方法

この資料をダウンロードすることで、リスクを出来る限り防ぎ、効率良く資産を増やしていけるようになります。 投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。 初心者の方や、もう一度しっかり学びたい方は、ぜひダウンロードして活用してみてください。