図解でわかる経済的自由を得るための3つの手法

経済的自由TOP経済的自由とは働かなくても入ってくる不労収入で生活を賄える状態のことです。

経済的自由が得られれば、お金のために自分の時間を切り売りして、働く必要はなくなります。時間を自分の使いたいように使えるようになるのです。ストレスフリーの人生が待っています。

ただ、経済的自由という言葉の意味は知っていても、具体的にどのように経済的自由を目指していけばよいのかわかっている方は多くはありません。経済的自由を手に入れたいと願うだけでは実現しません。

そこで、この記事では経済的自由を得るための具体的な手法と取るべきアクションプランについてわかりやすく解説していきます。

経済的自由の意味はもちろん、本気で経済的自由を目指すひとはこの記事をチェックすることからはじめましょう。

目次

1. 図解でわかる経済的自由
2. 経済的自由を得るための3つの手法
3. 経済的自由を目指すなら不動産投資が一番
まとめ

1. 図解でわかる経済的自由

経済的自由は働かなくても入ってくる不労収入で生活できる状態のことです。

経済的自由 図表

「不労収入」が生活費を上回ることがポイントですから、高所得者で贅沢な生活を送っている人でも、自分自身が働いて得たお金しかなければ経済的自由を得ているとは言えません。

医師や弁護士、一流のアスリートも働くことをやめたら、途端に収入はなくなってしまうので、経済的自由であるとはいえません。

給与が多くても経済的自由は得られない
一方で、不労収入の額が少なくても、生活費が下回っていれば経済的自由だといえます。年金暮らしの高齢者がこれにあたります。

不労収入は少なくても経済的自由は得られる
経済的自由を得ることのファーストステップは働かなくても入ってくる不労収入をつくることです。

あなたがいくら稼げるかどうかは経済的自由とはなんの関係もありません。だからこそ、誰にでも経済的自由に至るチャンスがあるといえます。

2. 経済的自由を得るための3つの手法

不労収入をいかにつくるかが、経済的自由に至る最重要ポイントです。あなた自身の時間と労力を使うのでは不労収入にはなりません。いかに、自分で働かずに収入をあげられるのかがポイントです。

そして、自分で働かずに収入をあげるに次の3つの方法しかありません。

  • お金に働いてもらう(資産運用)
  • 他人に働いてもらう(ビジネス)
  • 権利で稼ぐ(印税、著作権、年金など)

不労収入の3つのパターン

 

それぞれの特徴について確認してきましょう。

2-1 お金に働いてもらう(資産運用)

株式投資、不動産投資などに投資をしてリターンをもらうことで不労収入を作ることができます。

なお、株式投資で利益を得る場合には、株式を売買することで売却益を得る方法と配当金を得る方法があります。株式投資の売買の場合、利益を得るために「取引」が必要になるので完全な不労収入とはいえません。

同様に不動産投資で利益を得るためには、売却益を得る方法と、家賃収入を得る方法があります。この場合、不労収入にあたるのは家賃収入です。

不動産投資で不労収入を作る具体的な方法は「サラリーマンが不動産投資で毎月42万円の不労所得を得る具体的なノウハウ」を確認してください。

お金に働いてもらう(資産運用)

2-2 他人に働いてもらう(ビジネス)

自分が働いて収入を得るのではなく、ビジネスオーナーとなることで不労収入を得ることもできます。

ただ、一般的にビジネスオーナーになって不労収入を得るには難易度の高い手法です。ビジネスを立ち上げ、軌道に乗せ、人に任せるまでの一連の流れを行うには専門的知識が必要です。そのため、ビジネスオーナーとしての不労収入を作るには、飲食業や小売業などのフランチャイズオーナーとなることが近道です。

“フランチャイズとは”
本部からブランド名称から店舗運営のノウハウ、販促物まで提供してもらいビジネスを行うことです。利益をあげるために必要なノウハウや仕組み自体提供してもらえるので、特別な能力がなくてもビジネスを行える。ただし、初期費用がロイヤリティーが高額になるケースも。

フランチャイズ

2-3 権利で稼ぐ(印税や年金など)

作詞、作曲、書籍を執筆したことによる印税収入や公的年金による収入も不労収入にあたります。

なお、権利で稼ぐ場合には、相当な専門的スキルと経験が最低条件です。たとえ、スキルと経験があったとしても著作物が売れなければ収入は見込めません。

一般の方が、公的年金以外の権利収入で稼ぐことは現実的には難しいでしょう。

3. 経済的自由を目指すなら不動産投資が一番

特別なスキルや能力がなくても、不労収入を作ることができ、経済的自由を目指せるのが不動産投資です。

不動産投資が経済的自由を得るために最適な理由をまとめました。

3-1 特別なスキルノウハウは必要なし

不動産投資をはじめて家賃収入を得るには、特別なスキルも経験も必要ありません。必要なものは現金と融資を受けられる経済環境です。

現金があれば投資用不動産を購入することができ、すぐに家賃収入を得ることができます。

そして、投資用不動産を購入するだけの現金がなくても、金融機関から融資を受けることができれば、不動産投資を始められます。

3-2 手間がかからない

ビジネスオーナー、権利収入は利益をあげるための手間と時間がかかります。しかも時間をかけたからといって、利益があがるかどうかはわかりません。

不動産投資であれば、不動産オーナーになれば翌月からは毎月家賃収入が発生します。しかも、入居者からのトラブルクレームや設備の故障、家賃の集金などの大家業務も管理会社に委託できるので、やることはほとんどありません。

3-3 安定収入が見込める

不動産投資は入居者が住んでさえいれば、家賃収入が毎月入ってきます。そのうえ、家賃の額は賃貸契約期間中(2年間)はかわりません。

さらに、賃貸需要の旺盛な大都市圏の駅徒歩10分県内のような立地であれば家賃下落リスクも抑えることができます。

まとめ

経済的自由を目指すために必要なことは、不労収入を作ることです。あなたがいくら高所得者であっても、不労収入がなければ経済的自由を得ているとはいえません。お金持ちを目指すのであれば、このマインドチェンジが必須条件です。

Pocket
views2,328

無料小冊子:インカムラボ式不動産投資理論 『資産が資産を生むマンション投資術』

不動産投資はリスクが大きくリターンが少ないとお考えではありませんか?

インターネットではネガティブな意見が多いようですが、利益が出ている人がいなければそもそもビジネスは長く成り立ちません。 本書では、20年以上、不動産投資業界で成功も失敗もたくさん経験して学んだ今の結論をお伝えします。

  • ローンの正しい使い方や安全な借り入れ割合
  • 10年後に利回り12%を出す方法
  • 成功したオーナーに聞くマンション投資方法

全45ページに渡って、詳しくお伝えします。 不動産投資に興味があるけど、よくわからない。始めてみたけど、どう進めていいかわからないなどお悩みの方はぜひご覧ください。

無料でダウンロードする
不動産投資をお考えでしたら、一度『無料セミナー』にいらっしゃいませんか?
不動産投資の無料セミナーにきませんか?
 ご不明点の質問はこちら 0120−411−047
株式会社 日本財託(TEL:平日9時~18時)

株式会社 日本財託 (TEL:平日9時~18時)